クレジットカードの現金化の換金率って高いほどいいの?

あなたは、クレジットカードの現金化をしてことがありますか。なんか最近から始まったような印象を受けますが、実は業者によっては10年以上も営業している老舗もあるのです。
それだけ長くするからには人気があるということです。やっぱり換金率が高いからなのでしょうか。やっぱり高いほどいいのでしょうか。

換金率ってどのくらいあるのか

クレジットカードの現金化の業者によって、換金率は変わってきます。たとえば、87%や88%といったものから、95%、98%といった高いものまでさまざまです。以前は一律何パーセントというようになっていましたが、最近の業者では、金額に合わせて換金率を変えるところが多くなっています。
たとえば、1万円から20万円までは91%、21万件から40万円までは92%、41万円から60万円までは93%、61万円から80万円までは94%、81万円から100万円では95%、それ以上は相談によるものと言うことがあります。
換金率については、ホームページのトップだけでなく、詳細ページを見てよく確認をしましょう。

今は高くても悪質ではない!

以前は換金率が高いと、特に90%を越すようだと怪しい、悪質な可能性が高いとも言われていました。しかし、最近ではあちこちの業者が先に挙げたように、金額によって換金率を変えるパターンが増えてきています。
しかも優良と言われる業者がこうすることが増えています。ですので、一律金額に関係なく高いところは怪しいかもしれませんが、高いお金を申し込みしたときに、換金率があがるところは逆に優良が多いのでぜひ利用しましょう。

キャンペーンを狙おう!

各業者ともキャンペーンをしています。利用初めての人や女性だとキャンペーン対象となったりします。あと法人キャンペーンもあります。
トップページを見て確認しましょう。

業者によっては換金率は変わるので、高いところを探していきましょう。

関連する記事